設置と調律

ピアノの演奏

デリケートな商品の為、設置にも気を使う必要があります。専門業者は設置までしっかりと行ってくれます。その道のプロの方々が行ってくれますので安心です。

また会社によっては調律や調整まで行ってくれるところもあります。運搬中にずれてしまう事もありますので、ご自分で調律や調整が出来ない方は相談してみるのも有効的な手段と言えます。

新しい生活をスタートするのですから、専門の方々に運搬してもらい気持ちの良い新生活をスタートするのべきでしょう。

ピアノは別運搬です

高価なピアノ

荷物の中でもピアノは別格です。通常の引越し屋さんではピアノは運搬しません。やはりそれだけデリケートで特別なものであるからです。その場合はピアノ運搬の専門業者にお願いするべきでしょう。

専門業者は全くと言っていいほど違います。梱包もしっかりしていますし運搬方法も全く違います。大切で高価なピアノを運搬するのであれば、間違いなく専門業者にお願いをするべきと言えます。

専門業者はインターネット等で検索すれば多数ヒットしますので、お近くの専門業者に相談してみるのがベストです。

引越しの注意点

ピアノ・弦

引越しは転勤や、マイホームを購入した際など人生の節目で行われます。その際に当然引越し屋さんを選定する事になりますが、多くの業者がいますので大変悩む事も多くなっています。テレビCMを行っている業者から、地元の小さな業者までそれぞれあります。

選定するばあいはなるべく複数の引越しやさんに見積もり依頼をするべきです。その中で料金と質を考慮して選定するのがベストと言えます。料金だけで選定してしまうと、後々トラブルなどになってしまうケースも多々あるので注意が必要です。

各社の特色

演奏する

また、引越業者に依頼した場合にも、そこが運搬を行うのではなく、やはり専門の会社に委託するのがほとんどである。そのことを考えると、自分で条件にあったサービス性が高く、信頼のできるところを選ぶほうが賢い方法である。日本にあるのは数社であるが、どこも歴史が長く、信頼性を保っているところばかりである。ずっと昔から需要があり、独占性も強い仕事である。引越を行う際、まずは運ぶことが困難なものからとりかかるのがよい。

業者を選ぶ

演奏

料金は運ぶものの種類や運送距離によって決まる。やはり、アップライトに比べてグランドの方が高価であるが、クレーン等の重機を扱う大掛かりな作業を要するわりには利用しやすく、なんといっても安全である。ピアノはちょっとした振動や衝撃で傷付きやすく、音にもずれが生じやすいため、クレーンでの運搬といえども慎重かつ繊細な作業となる。音のずれたピアノにはメンテナンスが必要である。業者を選ぶ際には、そのような際に対応したサービスがあるかどうかも判断基準となる。